toggle
2020-01-10

死のスイッチ

この説に従うと、自分にさえ必要とされていない自分は、生まれた時から市のスイッチが入っている。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です